沿岸域環境事典

書籍情報
ISBN978-4-320-07414-9
判型A5 
ページ数282ページ
発行年月2004年07月
本体価格3,900円
沿岸域環境事典 書影
沿岸域環境事典

1977年第3次全国総合開発計画によって沿岸域の開発研究の重要性がうたわれた。本書は,沿岸域に関する分野をに示すように11の分野に分け220項目余りを選択し,沿岸域学各分野の専門家100余名によって広範かつ最新の知識を集大成した本邦初の事典。索引を充実させ英和・和英字引としても活用できるよう配慮。

目次

I.環境・生態
青潮/赤潮/環境アセスメント/環境基本計画/環境教育/環境指標(水質指標)/環境収支/環境ホルモン/環境モニタリング/基礎生産/水質保全/生態系/生物群集/生物生息条件/生物多様性/浅海域/大気・海洋相互作用/地球温暖化/底室環境/内部負荷/バイオメディエーション/干潟/漂着物/物質循環/閉鎖性海域/ミチ(ティ)ゲーション/緑の国勢調査/藻場/ラムサール条約/礫間接触

II.地理・地質
沿岸域情報/沿岸地質/海岸砂丘/海岸線/海岸地形/海図/海水準変化/海底堆積物/海底地形/海浜断面/海浜地形/海流/海湾地形/岩石海岸/サンゴ礁/砂浜(礫浜)海岸/マングローブ海岸

III.防災・土木
埋立/塩害/海域制御構造物/海岸侵食/海岸堤防/海岸保全/海上空港/海浜流/海面上昇/河口堰/感潮区間/サンドバイパス/浚渫/消波ブロック/人工海浜/人工島/スーパー堤防(高規格堤防)/静穏度/潜堤/耐震強化岸壁/高潮/長周期波/潮汐/潮流/沈埋トンネル/津波/土砂収支/波浪/飛砂/漂砂/防波堤/面的防護/養浜

IV.港湾・交通
海上コンテナ/航路の安全性/港湾/港湾EDI/港湾運送事業/港湾環境整備事業/港湾管理/港湾計画/港湾施設/港湾水理/港湾整備事業/港湾の機能/港湾物流/コンテナターミナル/通関/FAZ/複合一貫輸送/モーダルシフト

V.船舶
海洋構造物/係留施設/船体運動/船体の諸元/船舶の運航/船舶の環境問題/船舶の種類/ダブルハル/抵抗推進/ドック/波力/復原性/浮体設計/防食/メガフロート

VI.水産
魚付林/沿岸漁業/沖合漁業/海面養殖の問題/漁海況情報/許可漁業/漁業管理/漁業協同組合/漁業権/漁業補償/漁港/魚礁/漁場保全/漁村/栽培漁業/資源管理/水産基本法/水産資源の種類/TAC制度/内水面漁業/HACCP

VII.都市・建築
ウォーターフロント開発/運河/運河の整備/海上都市構想/海洋景観/海洋建築/海洋建築材料/河川景観/後背地/港湾景観/親水性/都市型海浜/パブリックアクセス/ボードウォーク/港町と漁村の空間構造/臨港地区/歴史的遺産の活用

VIII.造園
海岸植生/海岸緑化/海岸林/風の道/潮入庭園/ビオトープ/水と緑のネットワーク

IX.観光・レクリエーション
海釣り/海水浴場/海難事故/海浜公園/海洋リゾート/クルーズ/潮干狩り/シーフード/水上モータースポーツ/水族館/ダイビング/タラソテラピー/フィッシャーマンズワーフ/ブルー・ツーリズム/プロムナード/放置艇問題/ボーティング/マリーナ/遊漁

X.歴史・文化
海に係わる神社・仏閣/海に係わる地名/海の開拓者/海の祭事/海の産業に係わる歴史/お雇い外国人技師/海岸景観/廻船/日本三景/日本三大松原/日本三津/白砂青松/明治三大築港

XI.産業・政策
ISO/海の条例/NPO/沿岸域/沿岸域管理/海岸管理/海水淡水化/海水溶存物質/海底鉱物資源/海洋エネルギー/海洋環境産業/海洋深層水/海洋政策/海洋バイオテクノロジー/公海/公有水面/国際共同プロジェクト/国際条約/国連海洋法条約/サスティナブル・ディベロップメント/静脈物流/排他的経済水域/PFI/民活事業/メタンハイドレート/洋上石油備蓄基地/洋上風力発電/ライフサイクルアセスメント/流域圏/領海/臨海電源立地