アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

巨大地震と大規模構造物―長周期地震動による被害と対策― 

書籍情報
ISBN978-4-320-07417-0
判型A5 
ページ数296ページ
発行年月2005年09月
本体価格3,400円
巨大地震と大規模構造物 書影
巨大地震と大規模構造物

2003年9月26日,十勝沖地震M8.0が発生して,石油タンクの火災が発生した。その火災は2基に留まったものの,全体の被害は大きく,今後に大きな課題が残された。火災の発生原因は,一般的にはまだ良く知られていない「長周期地震動」によるものであった。
本書では,この「長周期地震動」の発生要因や性質,実際にどのような被害をもたらすかについて解説した。地震関連を扱う書物で,「長周期地震動」を主眼においてまとめた初のもの。

目次

第1編 巨大地震と長周期地震動
1.2003年十勝沖地震とその地震動

2.超高層ビル設計と長周期地震動研究の足どり

3.巨大地震の想定と長周期地震動

第2編 石油タンクのスロッシング
4.十勝沖地震による石油タンクの被害

5.石油タンクのスロッシング被害例と実験

6.巨大地震による石油タンクの被害予想

7.石油タンク被害の防止対策

第3編 超高層ビルの揺れ
8.超高層ビルの耐震設計

9.過去の地震・強風による超高層ビルの揺れ

10.想定巨大地震による超高層ビルの揺れの推定

11.安心・安全のための方策

第4編 関連する諸問題と設計基準類
12.近年の被害地震

13.地震防災に関する国の調査研究

14.耐震設計基準類

15.結び