• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

対話形式による橋梁設計シミュレーション(CD-ROM付き) 

書籍情報
ISBN978-4-320-07418-7
判型A5 
ページ数270ページ
発行年月2005年07月
本体価格3,800円
対話形式による橋梁設計シミュレーション 書影
対話形式による橋梁設計シミュレーション

既刊「BASICによる橋梁工学」のVisual Basic版。
《特色》
・橋梁で代表的な合成桁橋およびトラス橋の設計計算で,パソコンを用いて行う方法を述べる。
・付属CDを用いて,スパンや幅員などの数値をインプットするだけで自動的に設計を進めることができる。
・荷重と曲げモーメント図,せん断力図などの応力図との関係をシミュレーションでき,一般技術者も基本的な概略設計にも活用できる。
・取り上げた例題は「新編 橋梁工学」の演習に対応しており,同書のサブテキストとしても利用できる。
・使用言語はVisual Basic 6.0。

目次

I編 合成桁橋の設計
1章 設計条件

2章 床版の設計

3章 主桁の設計

4章 補剛材の設計

5章 現場継手の設計

6章 ずれ止めの設計

7章 主桁のたわみ

8章 合成桁橋設計計算のフォームペーパー

II編 トラス橋の設計
1章 設計条件

2章 縦桁の設計

3章 床桁の設計

4章 主構の設計

5章 上横構の設計

6章 下横構の設計

7章 橋門構の設計

8章 たわみの計算

9章 トラス橋設計計算のフォームペーパー

関連商品

BASICによる橋梁工学

  • ISBN:978-4-320-07357-9
  • 判型/ページ数:B5 / 306ページ
  • 発行年月:1989年06月
  • 本体価格:4,320円

合成桁橋とトラス橋について自動設計できるようプログラムを掲載し,コンピュータ画面に沿って学べるようにした学生・実務用のガイド。

BASICによる橋梁工学 書影
BASICによる橋梁工学