都市モデル読本

書籍情報
シリーズ名造形ライブラリー 【05】巻
ISBN978-4-320-07680-8
判型B5変型 
ページ数200ページ
発行年月2004年04月
本体価格3,000円
都市モデル読本 書影
都市モデル読本

施設配置・都市内移動・交通容量の設計・人口動態・都市内人口分布といった,都市や建築空間の造形を考える上で避けて通ることができない重要なテーマを厳選し,論理をおろそかにすることなく平易に解説したテキストである。各章が読み切り形式で記述されているため,どこからでも気軽に読み始めることができる。初学者にもわかりやすい記述を目指し,コンピュータによる具体的な計算にも十分に役立つよう配慮した。形式論理のみならずモデル分析の心意(こころ)が伝わるように,図や模型を多用して解説しているのも本書の大きな特長である。都市計画・建築計画・OR・管理工学・経営工学を学ぶ学部学生・大学院生に加えて,広く社会モデルに興味を持つ読者に好適なテキストである。

目次

序章 都市の数理モデルと研究のエートス
Mathematical Urban Models and Study Ethos

1章 ヴェーバー問題と模型解法
Working Model for the Weber Problem

2章 1次元都市と2次元格子状都市のヴェーバー問題
One and Two Dimensional Weber Problems

3章 複数施設のミニサム型配置モデルとミニマックス型配置モデル
Minisum and Minimax Multi-Facility Location Problems

4章 連絡通路と距離分布の作法
Method of Distance Distribution for Inter-Regional Passages

5章 奥平のエレベータ断面積モデル
Okudaira's Cross-Sectional Elevator Bank Model

6章 人口成長の微分方程式モデル
Differential Equation Model for Population Growth

7章 人口動態のコーホート要因法モデル
Cohort Factor Model for Population Movement

8章 人口分布の経験式
Empirical Formulas of Urban Population Distribution

9章 道路パターンと距離分布の理論
Theory of Distance Distribution for Road Network Patterns