はじめて学ぶ建物と火災

書籍情報
ISBN978-4-320-07697-6
判型B5 
ページ数194ページ
発行年月2007年11月
本体価格2,700円
はじめて学ぶ建物と火災 書影
はじめて学ぶ建物と火災

本書は,建築系大学・専門学校2~3年生を対象とした,火災の基礎から,消防設備設計,避難設計,防火・耐火設計などについてやさしく記述している。

目次

第1章 建物火災に対する安全
1.1 建物と火災
1.2 建物によって異なる火災成長の状況
1.3 建物の目的と火災に対する安全
1.4 火災に対する安全の備え
1.5 火災に対する安全性能

第2章 火災は意外と多い-火災の実態-
2.1 市街地大火の歴史-昔はまち全体が燃えた
2.2 今でも火災は多い-火災統計
2.3 放火による火災
2.4 建物の防火対策

第3章 ものが燃える,火が拡がる,熱が伝わる-火災の現象-
3.1 ものが燃える
3.2 火が拡がる
3.3 熱が伝わる

第4章 火災の被害を小さくするために-感知・消火-
4.1 火災の制御は早期発見から-火災の感知警報
4.2 火災の原理,身近な消火設備-消火の基礎
4.3 消防が活動しやすいように-消防活動
4.4 いざという時に正常に作動させるためには―維持管理,予防・査察

第5章 火・煙から人をまもる-火災時の避難安全-
5.1 人を安全に避難させる
5.2 人の動きを知る
5.3 煙の怖さを知る
5.4 煙の動きを知る
5.5 煙を制御する
5.6 避難安全性能を確かめる

第6章 火災の拡大を防ぐ-延焼防止-
6.1 火災が延焼拡大するとどんな危険があるか?
6.2 火災は建物内をどのようにして延焼拡大していくか?
6.3 延焼拡大を防ぐには-延焼拡大防止計画-
6.4 延焼拡大防止設計法
6.5 具体的な延焼拡大防止対策(区画部材と性能評価)

第7章 火災に耐える建物をつくる-火災時の構造性能-
7.1 火災に耐えるということ-耐火構造の役割-
7.2 鉄筋コンクリートは火に強いか-鉄筋コンクリート造の耐火性-
7.3 鉄骨を断熱材料で被覆する-鉄骨造の耐火性-
7.4 燃えにくい木造とするために-木造建物の防耐火性能-
7.5 載荷加熱試験で確かめる-構造部材の耐火試験-
7.6 耐火設計をやってみよう-耐火設計-

索引

関連商品

火災便覧 第3版

  • ISBN:978-4-320-07649-5
  • 判型/ページ数:A5 / 1704ページ
  • 発行年月:1997年05月
  • 本体価格:47,000円

火災の基礎から実際の火災対策までの最新知識を100余名におよぶ専門家が集大成した関係者必備の宝典。国際的な研究成果や阪神・淡路大震災の教訓をふまえた情報を取り入れ97年全面改訂。

火災便覧 書影
火災便覧

火災と建築

  • ISBN:978-4-320-07670-9
  • 判型/ページ数:B5 / 352ページ
  • 発行年月:2002年03月
  • 本体価格:4,700円

建築学を学ぶ上で必要不可欠な火災との関係を「防火の概念」など基礎理論から,「火災の事例」,燃焼・煙などの「火災の科学」を述べ,消防設備はどうあるべきか,避難設計はどうあるべきか,いろいろな評価基準はど・・・

火災と建築 書影
火災と建築