• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

風景のとらえ方・つくり方―九州実践編― 

書籍情報
ISBN978-4-320-07699-0
判型B5 
ページ数252ページ
発行年月2008年11月
本体価格3,500円
風景のとらえ方・つくり方 書影
風景のとらえ方・つくり方

景観の基礎事項の解説はもちろん,土木デザインにかかわる多様な主体・アプローチを実際に九州にある土地にあてはめ体系的にまとめた教科書。九州には多様な風景や地形が多く存在する。阿蘇,高千穂や桜島などに代表される山並み地形,門司港,長崎や福岡に代表される港湾都市,さらには佐賀の低地帯,美しい海岸線を有する宮崎,鹿児島などである。これら特徴的な土地土地を地形の歴史,履歴や土地ごとの風景の読み方,名所の評価などをきめ細かく行った。基礎編,実践編の2部構成からなり,本書を読み進めば必ず土木デザインの肝を掴み取ることができる。

目次

第1部 風景のとらえ方
第1章 人と活動

第2章 人と空間

第3章 風景の読み解き

第2部 風景のつくり方
第1章 演習のポイント

第2章 プロセス解題

第3章 事例編