• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

基礎と応用機械力学

書籍情報
ISBN978-4-320-08123-9
判型A5 
ページ数246ページ
発行年月1998年11月
本体価格3,500円
基礎と応用機械力学 書影
基礎と応用機械力学

大学2,3年を対象とした機械力学のテキスト。各節を10ページ単位として,小項目を見開き2ページ単位でまとめ,各節に例題をいれ平易に解説。

目次

第1章 機械と機械力学
1.1 力学と機械力学
1.2 機構運動と機械力学
1.3 動力伝達と機械力学
1.4 振動・制御と機械力学

第2章 質点の力学
2.1 運動と力
2.2 質点の運動学
2.3 質点の動力学

第3章 質点系と剛体の力学
3.1 質点系の動力学
3.2 剛体の運動学
3.3 剛体の動力学

第4章 動力伝達の力学
4.1 動力伝達の基礎
4.2 クラッチによる動力伝達
4.3 変速機による動力伝達
4.4 動力性能
4.5 動力変動と速度制御

第5章 回転機械の力学
5.1 回転機械の構成と動力学問題
5.2 慣性力とつり合わせ
5.3 弾性ロータの曲げ危険速度
5.4 ふれ回り運動の安定性

第6章 往復機械の力学
6.1 往復機械とピストン・クランク機構
6.2 ピストン・クランク機構の運動学
6.3 ピストン・クランク機構の動力学
6.4 ピストン・クランク機構の慣性力のつり合わせ

第7章 機械の振動と制振・制御
7.1 いろいろな機械や構造物の振動と振動モデル
7.3 2自由度系の固有振動
7.4 振動の絶縁と制振
7.5 振動の能動的制御

第8章 マルチボディ・ダイナミクスの基礎
8.1 数学的準備
8.2 剛体系の平面運動学
8.3 力学原理
8.4 多体系の動力学

第9章 機械力学におけるコンピュータ利用
9.1 機械力学とコンピュータ
9.2 代表的な数値解法
9.3 コンピュータ利用の例
9.4 解析ソフトの利用