• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

工学基礎固体力学

書籍情報
ISBN978-4-320-08150-5
判型A5 
ページ数148ページ
発行年月2005年01月
本体価格2,100円
工学基礎固体力学 書影
工学基礎固体力学

工学部1~2年生き向け教科書。専門分野(3~4年生)で習う種々の力学(構造力学,地盤力学,岩盤力学,塑性力学等々)を学ぶ前に把握しておくべき基本的な内容について,どのように考えればよいかを,半期の講義で習得できるようコンパクトに,かつ,できるだけ丁寧に解説した。各章末に問題を付し,解答をつけることによって自学・自習に適するよう配慮。

目次

1章 応力とひずみ
1.1 荷重
1.2 応力とひずみ
1.3 断面の向きと応力

2章 応力とひずみの関係
2.1 フックの法則
2.2 ヤング率
2.3 せん断弾性係数
2.4 ポアソン比
2.5 弾性ひずみエネルギー
2.6 応力―ひずみ線図
2.7 材料の機械的性質

3章 環境による応力の発生
3.1 自重による応力
3.2 熱効果
3.3 疲労
3.4 速度効果
3.5 集中応力
3.6 ひずみの経時変化

4章 弾性論の基礎
4.1 応力とひずみ
4.2 変位
4.3 弾性体の支配方程式
4.4 主応力と主せん断応力
4.5 モール円
4.6 コーシーの式

5章 2次元問題
5.1 平面応力および平面ひずみ
5.2 2次元デカルト座標系における基本式(支配方程式)
5.3 応力関数
5.4 極座標系における支配方程式

6章 材料の塑性に関する基本理論
6.1 塑性状態とは
6.2 降伏条件
6.3 応力の不変量
6.4 静水圧応力と偏差応力
6.5 基本的な降伏・破壊条件式
6.6 相当応力