衝撃工学の基礎と応用

書籍情報
ISBN978-4-320-08195-6
判型A5 
ページ数228ページ
発行年月2014年05月
本体価格3,500円
衝撃工学の基礎と応用 書影
衝撃工学の基礎と応用

自動車の衝突や直下型地震に見られるような爆発荷重や衝突荷重を受けると材料,構造物はどのような挙動を示すか,本書は,変形,強度,破壊の基礎理論から,応用として鉄筋コンクリートはり,接着接合部,衝撃超高圧,衝撃現象の数値計算の事例を通してわかりやすく解説した。

目次

〈基礎編〉

第1章 応力伝播の基礎

第2章 衝撃試験法の基礎と実際

第3章 衝撃変形と構成式

第4章 衝撃(動的)破壊じん性とその評価法

第5章 衝撃破壊力学の基礎と応用

第6章 衝撃応答と衝突現象


〈応用編〉

第7章 鉄筋コンクリートはりの衝撃強度

第8章 接着接合部の衝撃強度

第9章 衝撃超高圧と物質合成

第10章 衝撃問題と数値計算法

第11章 高速衝突現象の数値解析