• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

例題演習電子回路―アナログ編― 

書籍情報
ISBN978-4-320-08531-2
判型A5 
ページ数220ページ
発行年月1994年07月
本体価格2,900円
例題演習電子回路 書影
例題演習電子回路

既刊「電子回路―アナログ編―」を基本とし,素子と回路の取り扱い方の習熟を目的とした演習書。
各項目とも基礎理論を説明し,さらに理解を助けるために例題を掲げて解説。その後,演習問題とその解法を示したので,わかりやすく独学にも最適。

目次

第1章 回路とその取扱い
1.1 回路のイミタンス(インピーダンスとアドミタンス)と電源
1.2 基本定理とその応用
1.3 2端子対網とその表現
1.4 2端子対網の接続
1.5 電子回路の行列表示
1.6 伝達関数とその計算

第2章 半導体素子とその基本回路
2.1 ダイオードとその基本回路
2.2 バイポーラ・ジャンクション・トランジスタ(BJT)
2.3 電界効果トランジスタ(FET)
2.4 トランジスタの小信号等価回路
2.5 サイリスタ(SCR)

第3章 増幅回路
3.1 帯域増幅回路
3.2 周波数選択増幅回路
3.3 電力増幅回路
3.4 直流増幅回路,演算増幅器

第4章 帰還増幅回路と発振回路
4.1 帰還増幅回路
4.2 負帰還増幅回路の特徴
4.3 発振回路

第5章 演算増幅器と電源回路
5.1 演算増幅器について
5.2 基本線形増幅回路
5.3 電源回路
5.4 アクティブフィルタ

関連商品