• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

エレクトロニクス入門―ルーツと原理から発展まで― 

書籍情報
ISBN978-4-320-08548-0
判型B5 
ページ数124ページ
発行年月1998年12月
本体価格2,800円
エレクトロニクス入門 書影
エレクトロニクス入門

エレクトロニクスの全貌を簡潔に,かつ短時間に学ぶためのテキスト。歴史的流れを縦糸に専門分野を横糸に並べるようなスタイルで記述した。

目次

1. 電気の正体
1.1 電気の発見 
1.2 摩擦電気
1.3 電荷と電流
1.4 電荷と電圧
1.5 電圧と電流
1.6 電流と磁気

2. 電気の実用化への道
2.1 発電の原理から実用化へ
2.2 電気を用いた動力源"電動機"
2.3 送電を支える変圧器

3. 電気による情報通信化への道
3.1 有線通信
3.2 無線通信
3.3 変調・復調の技術

4. トランジスタとICへの道
4.1 鉱石検波器と半導体
4.2 トランジスタの発明
4.3 集積回路の実現

5. コンピュータへの道
5.1 機械式計算機
5.2 アナログコンピュータ
5.3 デジタルコンピュータ
5.4 データ通信
5.5 コンピュータネットワーク

6. 計測の基本
6.1 科学的計測の基本
6.2 電気・電子計測の標準
6.3 ブリッジ回路
6.4 センサ

7. 信号の増幅
7.1 増幅の基本的考え方とその定義
7.2 増幅器の記述方法
7.3 増幅器の種類とはたらき
7.4 雑音,S/N比

8. 制御とフィードバック
8.1 制御とフィードバック
8.2 制御の起源
8.3 フィードバック増幅器
8.4 生物体とフィードバックシステム
8.5 新しい制御理論

9. パワーエレクトロニクス
9.1 半導体パワーエレクトロニクス
9.2 電力変換システム
9.3 電気-機械エネルギー変換機

10. 磁気のエレクトロニクス
10.1 磁気と磁力
10.2 磁極と磁界の強さ
10.3 電流の磁気作用
10.4 電流とコイルによる磁界
10.5 磁性体とヒステリシス特性
10.6 磁気シールド
10.7 磁気の応用

11. 光のエレクトロニクス
11.1 光の性質
11.2 発光素子
11.3 レーザ
11.4 光ファイバと光通信
11.5 光のセンサ
11.6 光による計測
11.7 その他への光の応用

12. 生体のエレクトロニクス
12.1 生体の電気的性質
12.2 生体電子情報計測
12.3 電気機器の人体への電気的安全
12.4 生体と磁気および電磁波

付録 
A. マクスウェルの電磁方程式
B. 半導体の物性とはたらき