入門工系の電磁気学

書籍情報
ISBN978-4-320-08565-7
判型B5 
ページ数136ページ
発行年月2010年09月
本体価格2,200円
入門工系の電磁気学 書影
入門工系の電磁気学

本書は,工学系大学初年度の学生を対象に,「電磁気学」の入門的な教科書または参考書としてまとめたものである。物理の予備知識がなくても理解できるように高校物理の程度から始め,しだいに大学程度の水準まで達するように工夫している。各章の内容は必要最小限となるよう厳選し,物理的事項をできるだけていねいに,かつ,やさしく解説している。また,電磁気学で必要になる微積分やベクトル算などの数学的事項についても,予備知識を前提とせず必要になったときに説明している。電磁気学の理解が深まるようなやさしい例題や問いを数多く取り上げた。

目次

第1章 電場
1.1 電荷
1.2 クーロンの法則
1.3 重ね合わせの原理
1.4 電場
1.5 電気力線

第2章 ガウスの法則
2.1 電気力線の本数
2.2 ガウスの法則
2.3 ガウスの法則の応用(1)
2.4 ガウスの法則の応用(2)

第3章 電位
3.1 電位
3.2 電位と電場の関係
3.3 等電位面
3.4 導体と電場・電位

第4章 コンデンサー(キャパシター)
4.1 コンデンサー(キャパシター)
4.2 電気容量
4.3 誘電体
4.4 誘電体で満たされたコンデンサー(キャパシター)
4.5 コンデンサー(キャパシター)の接続
4.6 コンデンサー(キャパシター)に蓄えられるエネルギー

第5章 電流
5.1 電流
5.2 オームの法則
5.3 抵抗の接続
5.4 ジュールの法則
5.5 電力
5.6 キルヒホッフの法則

第6章 磁場
6.1 磁場
6.2 電流の作る磁場
6.3 電流が磁場から受ける力
6.4 ローレンツ力
6.5 磁束
6.6 磁場についてのガウスの法則

第7章 電磁誘導
7.1 電磁誘導の法則
7.2 自己誘導
7.3 コイルに蓄えられるエネルギー
7.4 相互誘導

第8章 交流と交流回路
8.1 交流
8.2 RLC直列回路
8.3 RLC並列回路
8.4 電気共振
8.5 電気振動

第9章 電磁波
9.1 マクスウェル方程式
9.2 電磁波

関連商品

入門工系の力学

  • ISBN:978-4-320-03319-1
  • 判型/ページ数:A5 / 136ページ
  • 発行年月:1999年03月
  • 本体価格:1,900円

物理の予備知識がなくても理解できるように,高校物理レベルから大学初年度の水準までを順を追って解説。工学部向き半期用テキスト。

入門工系の力学 書影
入門工系の力学