電子回路―基礎から応用まで― 

書籍情報
ISBN978-4-320-08572-5
判型B5 
ページ数264ページ
発行年月2013年09月
本体価格3,200円
電子回路 書影
電子回路

 アナログ電子回路の基礎に重点をおき,前著『基礎から学ぶ電子回路』を精査。
 著者の指導経験をもとに,学生がつまずきやすい内容へ細やかな配慮を加え,また演習問題の大幅な増補を行うなど,教える立場と教わる立場の両面からわかりやすくなるよう書かれている。等価回路の導出法,信号や電流の流れ方,オペアンプの解析などを初めとする電子回路の諸分野について,形成される過程を詳細にたどりながら基礎から解説をしており,電子回路をパズルのように面白く解析できるようになる。

目次

第1章 直流と交流

第2章 電子回路に使う電源と各素子

第3章 電気回路の基礎

第4章 ダイオード

第5章 トランジスタ

第6章 増幅回路ができるまで

第7章 静特性とhパラメータ

第8章 増幅回路の等価回路

第9章 マッチング

第10章 増幅回路における電流・電圧の関係と周波数特性

第11章 電子回路と温度

第12章 回路の改良

第13章 増幅回路の各種接地方式

第14章 直流バイアス回路

第15章 増幅回路の結合方法

第16章 電力増幅回路

第17章 負帰還増幅回路

第18章 発振回路

第19章 変調・復調回路

第20章 ラジオの送信と受信について

第21章 ストレート方式とスーパーヘテロダイン方式

第22章 ラジオの各回路の説明

第23章 電界効果トランジスタ(FET)

第24章 オペアンプ

第25章 電源回路

付録