アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

日本に大学らしい大学はあるのか―日本文化の興隆は大学教授の創造力の向上から― 

この書籍は現在お取り扱いできません。

書籍情報
ISBN978-4-320-09431-4
判型B6 
ページ数236ページ
発行年月1986年06月
本体価格1,165円
日本に大学らしい大学はあるのか 書影
日本に大学らしい大学はあるのか

日本の教育の現状を憂い,早急なる大学革新への念願を切々と訴える,広く教育関係者必読の書。

目次

第一章 いま企業と大学は,真の国際人を育てているか

第二章 ブラックホール教授撲滅論

第三章 業績乏しい大学教授の勤務評定を

第四章 酷評に反論なし

第五章 いま問われる教育汚染と大学の実力

第六章 共通一次は廃止すべし

第七章 日本の将来と大学の使命

第八章 独創的なひらめきには人間修養が不可欠

第九章 大学・ざっくばらん―知的謀叛のすすめ

第十章 付言とまとめ