Rコマンダーで学ぶ統計学

書籍情報
ISBN978-4-320-11046-5
判型B5 
ページ数288ページ
発行年月2013年10月
本体価格3,000円
Rコマンダーで学ぶ統計学 書影
Rコマンダーで学ぶ統計学

 フリーな統計解析環境Rおよびその実行環境Rコマンダーを用いて,データ解析のための統計的手法の基礎を学ぶテキストである。
 まずRのインストールの仕方と基本的な操作について述べる。そして,データの要約の仕方について,数値的に求める方法とグラフとして表示する方法について述べる。次に,統計の基礎となる確率・確率分布について解説する。続いて,統計手法における基本概念となる検定と推定について述べる。さらに,相関・回帰分析の基本について扱う。最後に,特性がその因子の影響を受けているかどうかを調べる分散分析を扱う。
 Rコマンダーはメニュー方式のため,操作性がよく,初心者も扱いやすいソフトである。そこで本書では,逐次実行画面を表示して,操作しながらわかりやすく,途中の結果を確認しながら学べるように記述している。演習問題も豊富に用意し,実際に実行することで理解を助けるように構成している。

目次

第0章 Rの導入と基本操作
0.1 R(Rコマンダー)とは
0.2 Rのインストール
0.3 Rcmdrパッケージのインストール
0.4 Rコマンダーの起動と終了
0.5 R Cmdrへのプラグイン
0.6 Rの起動と終了
0.7 簡単なデータ入力とプログラムの実行例

第1章 データの要約
1.1 母集団と情報
1.2 データの種類
1.3 データのまとめ方

第2章 確率と確率分布
2.1 確率と確率変数
2.2 母集団の分布

第3章 検定と推定
3.1 検定・推定とは
3.2 正規分布に関するいくつかの検定と推定
3.3 二項分布に関する検定と推定
3.4 分割表での検定

第4章 相関・回帰分析
4.1 相関分析
4.2 回帰分析

第5章 分散分析
5.1 分散分析とは
5.2 1元配置法
5.3 2元配置法