微分 改訂版

書籍情報
ISBN978-4-320-11081-6
判型A5 
ページ数128ページ
発行年月2014年02月
本体価格1,600円
微分 書影
微分

 初版に引き続き応用力や計算力の養成に主眼をおいた微分法のテキスト。
 理工系を中心とする数理科学の諸分野に進むすべての学生に適している。

目次

第1章 数列と関数
1.1 数について
1.2 数列とその極限
1.3 単調列の極限
1.4 1変数関数の極限
1.5 関数の連続性
1.6 逆関数
1.7 補足

第2章 微分法
2.1 導関数
2.2 高次導関数
2.3 平均値の定理,Taylorの定理
2.4 微分法の応用
2.5 補足

第3章 偏微分法
3.1 2変数関数とその連続性
3.2 偏導関数
3.3 合成関数の偏微分法
3.4 高階偏微分
3.5 極値
3.6 陰関数
3.7 補足

問題の略解またはヒント