アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

経済系のための微分積分 増補版

書籍情報
ISBN978-4-320-11338-1
判型A5 
ページ数300ページ
発行年月2018年09月
本体価格2,500円
経済系のための微分積分 書影
経済系のための微分積分

 経済学部系の学生を主なターゲットにまとめた微分積分の基礎を丁寧な解説と演習問題を軸にまとめたテキスト。
 基礎部分の解説は,数学的な厳密さを決して失っておらず理工学部の学生でも十分読み応えのあるものになっている。
 「経済系のための微分積分」の書き方を変えないまま,第2章と第3章にそれぞれ,経済数学でよく出てくる「準凸関数」「準凹関数」に関する性質を増補した。

目次

第1章 1変数関数の微分法(I)

第2章 1変数関数の微分法(II)

第3章 偏微分法(I)―2変数関数―

第4章 偏微分法(II)

第5章 1変数関数の積分法

第6章 重積分

各章の問題の解答

参考文献

索引