アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

ユビキタス時代の情報管理概論―情報・分析・意思決定・システム・問題解決― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12066-2
判型B5 
ページ数240ページ
発行年月2003年04月
本体価格3,400円
ユビキタス時代の情報管理概論 書影
ユビキタス時代の情報管理概論

主に文科系初学生を対象に,「どのように情報や情報システムと付き合えばよいか」,「情報をどのように利用すればよいか」などの情報管理の基本を詳しく解説したテキストです。
本書では情報管理という概念を「データ・情報・知識をどのように処理・管理したらよいか」というきわめて広い視点からとらえ,社会における情報の取り扱い方を多面的に取り上げています。
理工系学生が情報と社会科学の接点を理解するうえでも役立ちます。

目次

第1章 情報と情報管理

第2章 情報源と情報収集

第3章 データベースと情報検索

第4章 記述的分析と数量的分析

第5章 予測とモデル分析

第6章 情報とシステム

第7章 システム思考

第8章 オペレーションズリサーチの考え方

第9章 オペレーションスリサーチの応用

第10章 情報とマルチメディア

第11章 ソフトウェアとシステムエンジニア

第12章 情報処理システムの分析・設計

第13章 企業と情報システム

第14章 ネットワークによる情報管理

第15章 知的財産権

第16章 情報管理と社会