• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

明解3次元コンピュータグラフィックス

書籍情報
ISBN978-4-320-12077-8
判型B5 
ページ数208ページ
発行年月2003年09月
本体価格2,800円
明解3次元コンピュータグラフィックス 書影
明解3次元コンピュータグラフィックス

本書は,マルチメディア時代の一般教養,コンテンツ制作,アプリケーション開発,研究などといった3次元CGに関する様々なレベルの学習目的に対して共通に必要な基礎知識をまとめた書籍である。3次元CGを構成する広範囲の要素技術を羅列するのではなく,その分類,相互関係,長所,短所を述べることにより,技術の体系化に力点を置いている。また,特定のCGソフトを使ったコンテンツ制作演習や,特定の言語によるプログラミング演習とは切り離された構成となっている。さらに約230点もの図や表を使用し,分かりやすく説明されている。CGに関わる全ての人に必携の書となろう。

目次

第1章 3次元CG技術の概要
1.1 3次元CG技術の要点
1.2 3次元CG技術の応用と課題
1.3 3次元CG技術の歴史

第2章 3次元座標系と3次元幾何変換
2.1 3次元座標系
2.2 3次元幾何変換

第3章 座標系変換と投影変換
3.1 3次元座標系の変換
3.2 投影変換
3.3 ビューポート変換

第4章 3次元形状モデリング
4.1 基礎用語
4.2 3次元形状の基本モデル
4.3 3次元形状表面の表現法
4.4 3次元形状データの表現法

第5章 多様なモデリング手法
5.1 特殊な対象のモデリング
5.2 2次元画像を用いたモデリング
5.3 インターネットとモデリング

第6章 非形状オブジェクトのモデリング
6.1 視点のモデル
6.2 光源のモデル
6.3 3次元世界のモデリング
6.4 モデリング手法の選択

第7章 レンダリングの概要
7.1 レンダリングの分類
7.2 レンダリング処理の流れ
7.3 ラスタライズとアンチエイリアシング

第8章 隠面消去とシェーディング
8.1 基本的な隠面消去法
8.2 光の性質
8.3 シェーディング
8.4 レイトレーシング法

第9章 ラジオシティとシャドウイング
9.1 ラジオシティ法
9.2 シャドウイング
9.3 レンダリングの高速化技術

第10章 テクスチャマッピング
10.1 テクスチャマッピングの概要
10.2 マッピング方式
10.3 ソリッドテクスチャマッピング
10.4 種々の属性へのマッピング
10.5 多重マッピング
10.6 ミップマッピング
10.7 テクスチャの自動生成
10.8 マッピング時の画像補間

第11章 3次元CGアニメーション
11.1 アニメーションの分類
11.2 キーフレーム法
11.3 スケルトンシステム
11.4 キネマティクス
11.5 ヒューマノイドアニメーション
11.6 アクションユニットと顔アニメーション
11.7 パーティクルシステム
11.8 モーフィングとメタモルフォーシス
11.9 モーションブラー
11.10 物理シミュレーション
11.11 モーションキャプチャシステム
11.12 フレームレート

第12章 関連するソフトとハード
12.1 概要
12.2 VRML
12.3 グラフィックAPI
12.4 ビデオカード