C/C++によるVLSI設計―SystemCによるJPEGコーデック設計― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12081-5
判型B5変型 
ページ数176ページ
発行年月2003年11月
本体価格3,200円
C/C++によるVLSI設計 書影
C/C++によるVLSI設計

 携帯電話やデジカメといった情報ネットワークに機器に欠くことのできないデジタル信号処理回路については一般アルゴリズムをCで記述する。しかし,アルゴリズムをハードウェアで実現する場合,途中でC言語からHDLに記述しなおす必要があった。この効率の悪く,誤りの発生しやすい方法を解消する新しい言語,SystemC(ハードウェア設計のためにC++を拡張して開発された)を使用してデジタル信号回路を記述し,すべてC++のままシステム全体を高速に検証し,SystemCからハードウェアを合成する設計スタイルが普及しつつある。これらについて記述したテキストに対する要求は非常に強いが,まだ存在しない。本書は,SystemCによるデジタル信号処理回路の設計を内容とする,まさに良書となるであろう。なお,本書で説明している設計例は小社ホームページ内,アフターサービス更新情報のサポートページからダウンロードできる。

関連コンテンツ

設計データ
本書に掲載されている設計データです。zip形式の圧縮ファイルですので,解凍後ご使用ください。

目次

第1章 C言語設計概要

第2章 例による概略説明

第3章 SystemC文法

第4章 SystemCによる回路記述

第5章 検証

第6章 動作合成

第7章 JPEGコーデック設計

付録

関連商品

HDLによるVLSI設計―VerilogHDLとVHDLによるCPU設計― 第2版

  • ISBN:978-4-320-12027-3
  • 判型/ページ数:B5変型 / 260ページ
  • 発行年月:2002年01月
  • 本体価格:3,900円

 各方面から好評を得た初版を技術進展や改善点を踏まえ大幅に加筆修正。第2版では,CADツールを使用してHDL設計を体験することを主目的に,実用的なモジュールやテストパターンの記述例を多く掲載し,短時間・・・

HDLによるVLSI設計 書影
HDLによるVLSI設計