アクセスランキング

01位
数学のための英語教本―読むことから始めよう― 
02位
入門計量経済学
03位
実用的でないPythonプログラミング―楽しくコードを書いて賢くなろう!― 
04位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
05位
ジオダイナミクス 原著第3版
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

ディペンダブルシステム―高信頼システム実現のための耐故障・検証・テスト技術― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12152-2
判型A5 
ページ数254ページ
発行年月2005年11月
本体価格3,700円
ディペンダブルシステム 書影
ディペンダブルシステム

 情報系学生(上級生)やハードウェア設計に携わる企業人を対象に,ディペンダブルシステムの基礎概念から,実際に実務現場で必要となり,かつ知っておくと役立つ技術,最新技術を中心にまとめた。多重化,多様化,高速化するシステムを構築・設計するためには欠かせない技術である。
 
※ディペンダブルシステム=フォールトトレラントシステム(耐故障性システム)(故障が及ぼす影響を阻止し,高い信頼性を持つ(フォールトトレラント)システム)

目次

第1章  基礎概念
1.1 ディペンダブルなシステムとは
1.2 用語
1.3 評価尺度

第2章 誤り検出とマスクによる耐故障化技術
2.1 静的マスク
2.2 動的マスク
2.3 フェイルセルフ

第3章 分散システムのフォールトトレランス
3.1 分散システムのモデル
3.2 合意問題
3.3 非同期システムにおける合意
3.4 原子動作
3.5 プロセス多重化
3.6 データ多重化
3.7 分散チェックポインティング

第4章 形式的設計検証技術
4.1 基本概念
4.2 CTLモデル検査
4.3 LTLモデル検査
4.4 定理証明法に基づく形式的検証

第5章 テスト技術
5.1 テストとは
5.2 故障モデル
5.3 テストパターン生成
5.4 スキャン設計
5.5 組込み自己テスト
5.6 超微細・高速LSIのテスト