• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

医療情報学入門

こちらの書籍は旧版です。最新版は医療情報学入門 第2版となります。

書籍情報
ISBN978-4-320-12163-8
判型B5 
ページ数188ページ
発行年月2006年09月
本体価格2,800円
医療情報学入門 書影
医療情報学入門

 情報化社会が広がり行く中で,医療界においてもその進歩発展は目覚しいものがある。それは,診療受付のコンピュータ化にはじまり,電子カルテの導入であり,遠隔地における医師同士の情報交換であり,検査システムであり,診療費の患者への請求・保険請求等々であり,医療界に従事する関係者にこれら「医療情報学」の知識・技術の習得が求められている。
 そこで本書は,医科系大学はもとより看護・福祉系の大学および医科系専門学校学生向けに,一般的な情報処理の基礎を再学習しながら「医療情報学」全般にわたり学べるようわかりやすく解説。また,学生だけにとどまらず,実際の医療現場に従事し情報処理技術の向上を目的とし,医療情報技師(学会認定資格)を目指す受験者にとっても好適な自習書となるよう配慮した。

目次

第1章 医療と情報
1.1 医療情報システムとは何か
1.2 医療における情報処理技術利用の意義

第2章 情報処理の基礎
2.1 コンピュータの基礎
2.2 ネットワークの基礎
2.3 情報セキュリティ
2.4 データベース

第3章 医療情報システム
3.1 医療における情報処理技術
3.2 病院情報システム
3.3 地域医療情報システム
3.4 遠隔医療情報システム
3.5 介護・福祉情報システム
3.6 医学研究情報システム
3.7 行政システム

第4章 システムの管理
4.1 ハードウエア・ソフトウエア管理
4.2 ネットワーク管理
4.3 ユーザ管理
4.4 障害管理
4.5 セキュリティ管理
4.6 性能管理