LaTeX&PostScriptスーパーユーザのテクニック

書籍情報
ISBN978-4-320-12165-2
判型B5 
ページ数224ページ
発行年月2006年11月
本体価格3,000円
LaTeX&PostScriptスーパーユーザのテクニック 書影
LaTeX&PostScriptスーパーユーザのテクニック

 LaTeXは文書処理・組版のソフトとしておなじみではあるが,マクロの作成や,他のプログラミングとの組合せにより,より一層便利に使いこなすことができる。本書はLaTeXをさらに表現豊かに使いこなすために,TeX,LaTeX, PostScriptといった文書および図形処理の仕組みを中心に解説した書である。文書処理システムの歴史からはじまり,LaTeXの内部構造,PostScriptおよびPerlとの連携,プレゼンテーション用のスライド作成などを解説した。付録においては,文書処理への理解がより一層進むように,ハイフネーション・アルゴリズム,日本語の特徴,漢字の規格などを解説している。さらに,理解を深めるために,非常に多数の演習問題が用意されていて,サイトからダウンロード可能な例題集も用意をした。

関連コンテンツ

ダウンロード用例題集(zipファイル)
本書では PSTricks を取り扱う際,pstcol.sty を使用するように説明しておりますが,最新の PSTricks におきましては,pstcol.sty は pstricks.sty に吸収されております。ですので,最新の PSTricks をご使用の際には,pstcol.sty の代わりに pstricks.sty をご使用ください。なお,ダウンロード用例題集に付属の readme.txt にも本件に関する説明がございますので,併せてお読みください。ご面倒ではございますが,よろしくお願いいたします。
序文(pdf)
詳細目次(pdf)

目次

第1章 はじめに

第2章 文書処理システム小史
2.1 印刷装置と文書処理
2.2 TeXとPostScript
2.3 Windows系OSでの印刷
2.4 インターネットとWWW
2.5 文書処理における日曜大工プログラミング

第3章 LaTeX2.09の深層
3.1 フォント設計:ベジェ曲線とMETAFONT
3.2 TeXのマクロプログラミング
3.3 相互参照と外部プログラムとの協調
3.4 LaTeX2.09のまとめと文字の抽象化について

第4章 PostScriptとその応用
4.1 PostScriptプログラミング
4.2 図形
4.3 外部プログラムとの連携
4.4 文字
4.5 PostScriptファイルの取り込みと変換
4.6 PostScriptのまとめと文字のレンダリング

第5章 LaTeX2ε からアクセスするPostScript
5.1 グラフィックパッケージの読み込み
5.2 PSTricks

第6章 seminarクラスによるプレゼンテーション
6.1 seminarクラスの使い方
6.2 論文用テキストからスライド用テキストへの変換
6.3 論文形式→スライド形式変換の例題集

付録A 演習問題解答例
付録B ハイフネーション・アルゴリズム
付録C 日本語と漢字
付録D 漢字コード