確率と計算―乱択アルゴリズムと確率的解析― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12229-1
判型A5 
ページ数512ページ
発行年月2009年04月
価格6,820円(税込)
確率と計算 書影
確率と計算

 高度な理論が必要な確率的検査証明の概念からパソコンのイーサネットカードの実設計まで,ランダム性と確率的手法は現代の計算機科学において主要な役割を果たしている。特にここ20年,確率論を計算機科学に導入する事例が急増している。そして計算機科学を広範かつより複雑な応用に適用できるように,より高度でより洗練された確率的技法が開発されてきている。
 そのような状況において,ネットワークアルゴリズム理論分野の第一級の研究者であるMichael Mitzenmacher とEli Upfal によって"Probability and Computing"が書き上げられた。本書はその邦訳版である。本書は,計算機科学に関連するランダム性の基本的手法である乱択アルゴリズムやアルゴリズムの確率的解析について詳しく解説している。

目次

第1章 事象と確率

第2章 離散確率変数と期待値

第3章 積率と偏差

第4章 Chernoff上界

第5章 ボール,ビン,ランダムグラフ

第6章 確率的手法

第7章 Markov 連鎖と乱歩

第8章 連続分布とPoisson過程

第9章 エントロピー,ランダム性,情報

第10章 モンテカルロ法

第11章 Markov連鎖のカップリング法

第12章 マルチンゲール

第13章 対独立性と汎用ハッシュ関数

第14章 均等配分