フィールド情報学入門―自然観察,社会参加,イノベーションのための情報学― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12234-5
判型B5 
ページ数184ページ
発行年月2009年03月
本体価格3,200円
フィールド情報学入門 書影
フィールド情報学入門

フィールド情報学とは,フィールドで生じる諸問題に対して,情報学視点からその解決法を提案することを目的としている。その構成要素は,記述,予測,設計,伝達からなり,その方法は多岐に渡る。本書はフィールド情報学の入門書であり,これから自然観察へ向かう大学院生,社会参加の方法を求めるフィールドワーカー,イノベーションを模索するエンジニアなどを主対象に,起源の異なる9つの方法を,自然観察,人間観察,イノベーションという3つのシナリオを用いて説明し,フィールドの捉え方やそこでの情報の働きについて解説する。

目次

序章: フィールド情報学とは何か

第1部 自然を観察し予測する
第1章 リモートセンシングと地理情報システム

第2章 バイオロギング

第3章 システムダイナミクス

第2部 人々の活動を記述し伝達する
第4章 ヒューマンセンシング

第5章 エスノグラフィ

第6章 ケースライティング

第3部 社会と生活にイノベーションを起こす
第7章 インクルーシブデザイン

第8章 マルチエージェントシミュレーション

第9章 アウトリーチ・コミュニケーション

終章: 個を紡ぐ場としてのフィールドと情報の働き