バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用

書籍情報
ISBN978-4-320-12236-9
判型A5 
ページ数238ページ
発行年月2011年11月
本体価格3,200円
バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用 書影
バーチャルリアリティにおける力覚表示とその応用

バーチャルリアリティにおける力覚表示の応用として,仮想空間内において,ハサミ・ナイフ・ノコギリによる切断(変形・破壊)のメカニズムを,医用理工学を例にして実験装置を作成しながら解説した。これからの医学や工学への応用が期待される。

目次

序章 バーチャルリアリティの歩み

第1章 立体視による画像の3次元切離

第2章 3次元空間内立体視設計システム

第3章 ナイフ型デバイスによる力覚表示システム

第4章 ハサミ型デバイスによる紙状仮想物体の切離

第5章 リアルタイムで切離可能な仮想粘弾性物体

第6章 ハサミによる切離抵抗感の表現

第7章 ハサミによる仮想物体の立体視加工

第8章 ナイフによる切離モーメントの表現

第9章 ノコギリの切離モーメントの表現

第10章 ノコギリ型デバイスによる力覚表示システム

第11章 3種類の切離器具を用いた力覚表示システム

第12章 粘弾塑性体モデルで表現した物体間の相互作用による破壊

第13章 医学・工学への応用

関連商品

医用工学―医療技術者のための電気・電子工学― 

  • ISBN:978-4-320-06147-7
  • 判型/ページ数:B5 / 208ページ
  • 発行年月:2003年12月
  • 本体価格:3,000円

臨床検査技師・臨床工学技士・診療放射線技師を目指す学生を対象に、電気電子工学の基礎から生理特性の測定までの実習と理論を重視し、電気的安全性とそのための管理法を理解できるよう構成した医用理工学のテキスト・・・

医用工学 書影
医用工学