コンピュータ情報処理の基礎と応用

書籍情報
ISBN978-4-320-12249-9
判型B5 
ページ数208ページ
発行年月2010年04月
本体価格2,800円
コンピュータ情報処理の基礎と応用 書影
コンピュータ情報処理の基礎と応用

 20世紀後半以降の驚異的なコンピュータの性能アップとソフトウェアの登場,さらには最近のインターネットの世界中の人々への普及は,コンピュータと情報処理リテラシーが欠如する人間にとって,一般業務でさえ,十分に行えないという過酷な状況を生み出すに至っている。本書は,コンピュータ情報処理の基礎から応用まで詳しく解説するとともに,いかにして具体的な問題に対しコンピュータを有効活用するかといういくつかの具体例を示している。

目次

第1章 情報科学・コンピュータの基礎
1.1 情報とは
1.2 コンピュータの歴史-計算手段の発達-
1.3 数体系
1.4 2進数の演算
1.5 数値コードと数値データの形式
1.6 文字コード
1.7 コンピュータの構成
1.8 コンピュータの動作の仕組み-仮想計算機1 -
1.9 機械語によるプログラミング-仮想計算機2 -

第2章 パソコン活用のための基礎知識
2.1 パソコンと周辺機器
2.2 Wordの使い方
2.3 Excel の使い方
2.4 PowerPointの作成方法と使い方
2.5 フォトレタッチの基礎
2.6 HTML 作成方法

第3章 簡単なプログラム作成
3.1 導入
3.2 準備
3.3 基礎事項1(基礎文法,変数の基礎,演算式)
3.4 基礎事項2(制御構文と配列)
3.5 標準入力とファイル入出力

第4章 情報通信ネットワーク
4.1 情報通信の仕組み
4.2 インターネット
4.3 情報通信のセキュリティ

第5章 パソコンの応用例(その1):オートマトン理論の理解の徹底を目指して
5.1 オートマトンの概念モデル
5.2 基礎知識の確認
5.3 有限オートマトン
5.4 プッシュダウンオートマトン
5.5 チューリング機械(Turing machine: TM)
5.6 形式文法
5.7 オートマトン・シミュレータの作成
5.8 学習オートマトンの基本モデル

第6章 パソコンの活用例(その2): ゲーム理論,ゲーミング,関数最小化
6.1 ゲーム理論
6.2 コンピュータゲーミング
6.3 パソコンを活用することによって数理計画理論の理解を深める

索引