Excel環境下でのシステム開発への挑戦―データベース機能の活用― 第2版

書籍情報
ISBN978-4-320-12292-5
判型B5 
ページ数176ページ
発行年月2011年09月
本体価格2,200円
Excel環境下でのシステム開発への挑戦 書影
Excel環境下でのシステム開発への挑戦

本書第2版では,"システム開発への挑戦"への領域や枠組が少しでも拡がるように,初版の内容に加えて,新たにExcel VBAの最も基本的な活用方法について触れている。プログラミングの世界とは,まったく無縁であった方々には,多少,理解しにくい部分があるかも知れないが,出来る限りわかりやすく説明している。使用ソフトも初版とは異なり,すべてExcel 2007バージョンに変更している。

目次

第1章 ソフトウェアパッケージを活用したシステム開発への道筋
1.1 標準的なシステム開発の工程
1.2 初心者が直面するシステム開発工程における問題点
1.3 ソフトウェアパッケージの活用

第2章 Excelの基本的なデータベース機能とマクロ機能
2.1 データフォーム上における簡易なデータ検索
2.2 オートフィルタ機能とフィルタオプションの設定機能
2.3 マクロの役割とマクロの取り扱い方法
2.4 フィルタオプション設定機能を利用した処理のマクロ化

第3章 マクロ機能を利用した自動処理システム作成ステップ1
3.1 開発システムの全体像
3.2 処理データの作成とメニュー画面
3.3 確認・更新機能部分の作成

第4章 マクロ機能を利用した自動処理システム作成ステップ2
4.1 検索機能部分の作成準備
4.2 検索機能部分のマクロ作成
4.3 画面遷移ならびに終了手順に関するマクロ作成

第5章 マクロ機能を利用した自動処理システム作成ステップ3
5.1 部門別検索機能部分の作成準備
5.2 部門別検索機能部分のマクロ作成
5.3 部門別検索機能部分における画面遷移に関するマクロ作成

第6章 Excel VBAの機能と基本操作
6.1 Excel VBAの機能と特徴
6.2 VBAでのセルへの数値や文字,関数等の入力
6.3 VBAでのセルの内容の転送代入
6.4 VBAでの自動処理化への条件設定
6.5 VBAでのユーザーフォームの活用

付録
参考文献
索引