ネットワークソフトウェア

書籍情報
シリーズ名未来へつなぐ デジタルシリーズ 【16】巻
ISBN978-4-320-12316-8
判型B5 
ページ数192ページ
発行年月2013年01月
本体価格2,600円
ネットワークソフトウェア 書影
ネットワークソフトウェア

スマートフォンをはじめとするモバイルネットワークならびに銀行などオンラインシステムなどは,現代の生活でますます重要な位置を占めてきている。その縁の下を支える技術がネットワークソフトウェアである。新しいネットワークシステムに対応したこれらネットワークソフトウェアに関して,これまでの基礎から今後の応用まで幅広く説明している。また,大学での講義も念頭に演習問題を用意している。

目次

第1章 序論
1.1 ネットワークとネットワークソフトウェア
1.2 ネットワークソフトウェアの概要
1.3 ネットワークソフトウェアの特徴

第2章 ネットワークソフトウェアの基礎
2.1 ネットワークソフトウェアの特性と課題
2.2 ネットワークソフトウェア実現のシステムモデル
2.3 ネットワークソフトウェア開発モデルと指標
2.4 ネットワークソフトウェア開発プロジェクトの立案

第3章 ネットワークソフトウェア・アーキテクチャ
3.1 ネットワークソフトウェア・アーキテクチャとは
3.2 プラットフォームの構成と性質
3.3 サーバ系のプラットフォーム
3.4 クライアント系のプラットフォーム

第4章 オープンソースソフトウェアを利用したネットワークソフトウェア
4.1 概要
4.2 オープンソースソフトウェア
4.3 Android
4.4 WebKit
4.5 Android の利用範囲の拡大
4.6 データベース技術
4.7 認証技術
4.8 開発環境
4.9 まとめ

第5章 プロトコル設計
5.1 プロトコル設計の概要
5.2 プロトコル設計と検証
5.3 ルーティングプロトコル
5.4 Mobile Ad hoc NETwork
5.5 MANET ルーティングプロトコルの設計
5.6 MANET ルーティングプロトコルの検証

第6章 サービス設計:サービス実現のためのユーザ要求獲得・仕様記述・検証
6.1 要求獲得技術
6.2 オブジェクト指向型処理
6.3 仕様記述
6.4 仕様検証

第7章 ネットワークサービスを実現する要素
7.1 ネットワークサービスを実現する要素
7.2 サービス制御
7.3 サービス管理
7.4 具体的な実現要素例

第8章 ネットワークソフトウェアの品質管理
8.1 概要
8.2 開発工程における品質管理
8.3 品質管理のための技術
8.4 検証技術
8.5 ソフトウェア品質管理の課題と展望

第9章 ネットワークソフトウェアの実装例
9.1 通信システムの設計思想の重要性
9.2 i モードの概要
9.3 運用時の問題と対策
9.4 性能評価
9.5 ソフトウェア機能追加・展開の迅速化に向けたウォーターフォールモデルの適用
9.6 今後の通信システム開発に向けて

第10章 コンピュータシミュレーション
10.1 コンピュータによるシミュレーションとモデル化
10.2 乱数
10.3 シミュレーション用プログラム
10.4 シミュレーションの実行と結果の扱い

第11章 ネットワークソフトウェアの将来展望
11.1 ネットワークの将来像
11.2 ソフトウェアの将来像
11.3 ネットワークソフトウェアの将来展望