コンピュータ概論

書籍情報
シリーズ名未来へつなぐ デジタルシリーズ 【17】巻
ISBN978-4-320-12317-5
判型B5 
ページ数276ページ
発行年月2013年01月
本体価格2,400円
コンピュータ概論 書影
コンピュータ概論

現代の情報社会において,コンピュータ,コンピュータネットワークは,経済活動や情報発信などの様々な場面で様々に活用されている。そのため,現代社会をよりよく生きるためには,コンピュータの知識はますます重要な位置を占めてきている。本書では,コンピュータの基本構成から情報社会におけるコンピュータの活用事例までを網羅し,コンピュータやコンピュータネットワーク全般に関する基礎的な知識を学ぶことができるよう構成されている。大学理系学部の講義だけではなく,大学文系学部の教養教育の講義用テキストとして利用されることを想定しており,理系の知識がなくとも本書の内容を理解することが可能である。さらに,独立行政法人情報処理推進機構によって行われている基本情報技術者試験の試験範囲を網羅した内容となっている。そのため,基本情報技術者試験の受験を考えている読者にとっても,試験範囲の基礎的知識を学習するための本として最適である。

目次

第1章 コンピュータとは
1.1 コンピュータと社会
1.2 コンピュータの歴史
1.3 コンピュータの概要

第2章 デジタルとアナログ
2.1 数の表現と2進数の演算
2.2 データの表現
2.3 アナログ・デジタル変換

第3章 情報理論
3.1 情報量
3.2 符号化
3.3 マルチメディアの符号化

第4章 論理回路
4.1 論理代数
4.2 組合せ論理回路の設計
4.3 順序回路

第5章 コンピュータアーキテクチャ
5.1 基本構成
5.2 コンピュータの動作
5.3 記憶装置
5.4 入出力装置

第6章 オペレーティングシステム
6.1 OSの誕生
6.2 OSの歴史
6.3 プロセス管理
6.4 メモリ管理と仮想記憶管理
6.5 入出力制御
6.6 ファイル管理

第7章 ソフトウェア開発とプログラミング
7.1 フトウェアの開発とコンピュータプログラミング
7.2 プログラミング言語の分類と種類
7.3 ソフトウェアの設計と開発

第8章 アルゴリズムとデータ構造
8.1 アルゴリズム
8.2 データ構造
8.3 基本的なアルゴリズム

第9章 コンピュータネットワーク
9.1 コンピュータネットワークの歴史
9.2 情報通信
9.3 コンピュータネットワークのトポロジとプロトコル
9.4 情報システムの構成

第10章 インターネット
10.1 インターネットの仕組み
10.2 TCPとUDP
10.3 インターネットアプリケーション
10.4 World Wide Web

第11章 セキュリティ
11.1 悪意のあるソフトウェア
11.2 攻撃方法
11.3 暗号
11.4 認証

第12章 データベース
12.1 データベースの基礎
12.2 関係データベース
12.3 データベースの設計
12.4 データベースの運用と応用

第13章 サービスマネジメント
13.1 サービスマネジメントとは
13.2 システム管理
13.3 システムの移行
13.4 サービスサポート
13.5 システム監査

第14章 情報通信システムの法制度と標準化
14.1 企業活動における情報処理
14.2 知的財産権
14.3 情報倫理
14.4 国際標準化

第15章 情報サービスの発展
15.1 情報サービスの起源
15.2 身近な情報サービス
15.3 ユビキタス社会
15.4 クラウドサービス