大学生のための基礎情報処理

書籍情報
ISBN978-4-320-12325-0
判型B5 
ページ数222ページ
発行年月2012年11月
本体価格2,300円
大学生のための基礎情報処理 書影
大学生のための基礎情報処理

 社会人の一般教養のひとつとして要求される情報処理は,データ収集,課題レポートの作成・提出,卒業研究,就職活動など大学生活を送る上で必要不可欠である。また,ICT(情報通信技術)の進展は目覚ましく,情報技術を使いこなすうえでの情報リテラシー能力はますます必要とされている。本書は,学習や研究活動を行うために必要な情報処理の基礎的な知識と方法(情報とコンピューター,Windows入門,文書作成,表計算,プレゼンテーション,インターネットと情報セキュリティ,情報倫理など)についてわかりやすく解説している,情報処理教育用のテキストである。特に,「統計処理」の節は,大学生に必要な統計処理の入門編として,記述統計の処理方法および推測統計における仮説検定の初歩的な内容について,数式を出来るだけ使わずに解説している。

目次

第1章 情報とコンピューター
1.1 情報化社会とコンピューター
1.2 コンピューター入門
1.3 ハードウェア
1.4 ソフトウェア
1.5 ファイルとフォルダー
1.6 バックアップと記録媒体
1.7 ファイルの圧縮・解凍

第2章 Windows
2.1 Windowsの使い方
2.2 Windowsの基本操作
2.3 PCのリセット

第3章 文書作成
3.1 Microsoft Wordの概要
3.2 日本語の入力
3.3 文書の作成
3.4 文書の印刷
3.5 図形の描画と書式設定
3.6 画面キャプチャーの挿入

第4章 表計算
4.1 表計算ソフトウェアとは
4.2 Microsoft Excelによる表計算
4.3 Excelの応用(統計処理)
4.4 Excelの便利な機能

第5章 プレゼンテーション
5.1 プレゼンテーションとは
5.2 PowerPointを使ったプレゼンテーション
5.3 スライドの作成
5.4 応用機能

第6章 インターネット
6.1 インターネットの概要
6.2 インターネットの仕組み
6.3 WWW (World Wide Web)
6.4 Webページの作成
6.5 電子メール

第7章 情報セキュリティと情報倫理
7.1 情報セキュリティ
7.2 情報倫理
7.3 ソフトウェアと著作権
7.4 著作権