コンピューティング史―人間は情報をいかに取り扱ってきたか― 

書籍情報
ISBN978-4-320-12469-1
判型A5 
ページ数428ページ
発売日2021年04月13日
価格3,630円(税込)
コンピューティング史 書影
コンピューティング史

新刊

本書はコンピューティング史 (コンピュータとコンピュータに関連するさまざまな活動の歴史)の一般向け通史である。18世紀以前の計算から、現代のインターネットやSNSに至るまで、幅広くカバーする。技術指向・理論指向の記述はもちろんのこと、経営史、文化史、社会史的視点も強化され、さまざまな時代のテーマが生き生きと描かれている。

原著(第3版)の4人の著者たちはいずれも、コンピューティング史を世界的にリードする研究者であり、本書は1996年に出版された初版以来、米国の大学における授業(コンピュータの歴史、インターネットの歴史、メディア史など)では定番の入門教科書となっている。

日本では1999年に出版された初版の翻訳以来、およそ20年ぶりの第3版(新訳)となる。本邦訳には、訳者による解題と日本語文献リストを追加した。コンピューティング史に関心のある読者には必読の一冊である。

[原著: Computer: A History of the Information Machine, 3rd Edition, Westview Press, 2013]

目次

謝辞

第3版へのまえがき



第1部 コンピュータ前史
1. 人間がコンピュータだったころ
2. オフィスに事務機がやってくる
3. バベッジの夢が現実に

第2部 コンピュータの登場
4. コンピュータという発明
 写真:バベッジの階差機関からSystem/360へ
5. コンピュータがオフィスの主役に
6. メインフレームの時代:IBMの季節

第3部 日々進化するコンピューティング
7. リアルタイム:つむじ風(ワールウィンド)のように速く
8. コンピュータを支配するソフトウェア
 写真:SAGEからインターネットへ
9. 新しいコンピューティングの登場

第4部 コンピュータの民主化
10. パソコン時代の到来
11. 魅力広がるコンピュータ
12. インターネットの世界

出典に関する注

文献リスト

解題と読書リスト(杉本 舞)

訳者あとがき

索引