コンピュータビジョン最前線 Winter 2021

書籍情報
ISBN978-4-320-12542-1
判型B5 
ページ数130ページ
発売予定2021年12月13日
価格3,300円(税込)
コンピュータビジョン最前線 Winter 2021 書影
コンピュータビジョン最前線 Winter 2021

新刊

コンピュータビジョン研究の最先端をゆくトップランナーたちが織り成す季刊シリーズ創刊!! cvpaper.challengeおよびCVIM研究会全面協力のもと,最新トレンドのサーベイ,いま注目の最重要論文深読み,肝となる技術や理論のチュートリアルの3本柱で,実用性・信頼性のある最先端情報を,毎号ディープに解説。

創刊号のWinter 2021では,まず最新トレンドサーベイ記事「イマドキノCV」で近年のコンピュータビジョン分野において最重要と位置付けられる「データラベルの利活用」や「認識モデルの構築」を扱う。次に論文「フカヨミ」記事を3本掲載し,それぞれ,新規視点画像生成分野で2020年に登場したNeRF,画像処理分野の基本タスクである物体検出技術,いま最も伸びている3D認識アプローチのカテゴリレベル姿勢推定について取り上げる。最後に,チュートリアル記事「ニュウモンVision & Language」で,深層学習の発展とともに盛り上がりを増しているVision & Language(V&L)分野の概要と,現在どのような深層学習手法とその関連手法が使われているかを中心に詳しく紹介する。

目次

創刊にあたって(井尻善久)
巻頭言―日本語で読めるCV情報誌を!―(牛久祥孝)

イマドキノCV―三つ巴の学習戦略―(牛久祥孝・井上中順・片岡裕雄)

フカヨミNeRF―3次元表現の最前線! 最新技術を徹底解説―(相澤宏旭)
フカヨミ物体検出―これだけは知って欲しいDeepの歴史!―(美濃口宗尊)
フカヨミカテゴリレベル姿勢推定―今,最も伸びている3D認識アプローチ!―(秋月秀一)

ニュウモンVision and Language―急げ! 視覚と言語を結ぶ知の高速道路はここだ!―(品川政太朗)