微積分基礎 ―理工系学生に向けて― 

  • 寺本 惠昭 
書籍情報
ISBN
978-4-320-11027-4
判型 B5
ページ数 192ページ
発行年月 2012年11月
本体価格 2,200円
見本を請求する
微積分基礎 書影
微積分基礎

 現在の理工系学生が必要とする微分積分の標準が学習できるよう意図したテキスト。
微分積分の各概念を,豊富な例題・演習問題・章末問題を「九九を覚える」ように繰り返し計算することで,理解できるようにし,解説自体も平易な言葉での記述を心がけている。実数の定義や関数の連続性などは,厳密性よりも直感的理解に訴え,高校からの微積分の延長と感じられるように配慮した。また,三角関数,指数・対数関数は,それぞれ章を設けて,基本的な事項から説明をしている。
 紙面体裁では,通常のテキストよりも大きめの活字を使用し,紙面に余白を持たせ,読み手に圧迫感を与えないようにしている。

目次

第1章 関数とグラフ

第2章 微分と導関数

第3章 指数関数・対数関数

第4章 三角関数・逆三角関数

第5章 高次導関数

第6章 関数の展開

第7章 不定積分

第8章 定積分

第9章 偏微分

第10章 重積分

演習問題略解