データベース ―基礎からネット社会での応用まで― 

  • 三木 光範 三木 光範・田中 美里 
書籍情報
シリーズ名 情報工学テキストシリーズ 【6】巻
ISBN
978-4-320-12406-6
判型 B5
ページ数 228ページ
発行年月 2015年09月
本体価格 2,500円
見本を請求する
データベース 書影
データベース

 データベースに関する情報系のテキストは多く出版されている。しかし,それらはデータベース技術者のための専門書であったり,あるいはデータベースを利用した情報システムを計画する人のための専門書が多く,情報工学を学ぶ受講生の立場に立って書かれたものは少ない。一方,情報処理技術者試験のためのデータベース入門書は多いが,それらは基本的に試験対策のための暗記用であり,重要なことが簡潔に書かれているが,その裏にある考え方を学ぶ講義用のテキストとしては不十分である。
 そこでこのテキストでは次のことを重視した。すなわち,

1) 受講生がデータベースに興味を持てるようにすること
2) 従来のデータベース教科書から厳選して必要不可欠な部分を抽出し,専門職に就いているデータベースエンジニアだけに必要な部分を割愛したことで,情報分野の初学者がデータベースに関して最低限知るべき内容を,その背景も示して明確に記述したこと
3) 受講生達が毎日,インターネットとデータベースの中で生活していることを知ることで,データベースを応用した新しい情報システムを作りたいと思えるようにすること

である。ただ,著者らの力不足でこれらがうまく実現できたかどうかは心許ない。データベースの講義担当教員や受講生からの建設的なご意見で本テキストを改訂してゆきたいと思っている。

目次

第1章 データベースシステムとは

第2章 現代社会とデータベースシステム

第3章 データベースシステム実現のための歴史と情報エンジニアの奮闘

第4章 データベースとは何か

第5章 データベースの構成要素と基本的機能

第6章 情報システムの設計とデータベース

第7章 データベースにおける概念スキーマと論理スキーマの設計

第8章 データベースの物理設計

第9章 関係代数

第10章 正規化

第11章 トランザクション処理

第12章 同時実行制御

第13章 障害復旧

第14章 NoSQL

第15章 データベースの拡張

第16章 データベースの応用

第17章 未来のデータベース