• 教科書献本のご案内
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook
詳細検索
  • 新刊

電磁気学 講義ノート

  • ISBN:978-4-320-03611-6
  • 判型/ページ数:B5 / 156ページ
  • 発売日:2020年04月10日
  • 本体価格:1,500円

 工学系学生が半年間で学習する電磁気学の教科書として執筆したものである。電磁気学の学問としての流れを理解するうえで必要な内容に限定した。電場から始まる電気現象を説明し,電流からつくられる磁場へと展開す・・・

電磁気学 講義ノート 書影
電磁気学 講義ノート

解析力学と微分方程式

  • ISBN:978-4-320-11401-2
  • 判型/ページ数:A5 / 320ページ
  • 発売日:2020年04月10日
  • 本体価格:3,600円

 解析力学は現在の数学・物理学の基礎となっている題材を豊富に持つ,広大で奥深い体系である。また,数理科学を培った母体ともいえ,その影響は量子力学,電磁気学,相対性理論,統計力学,場の量子論などの物理学・・・

解析力学と微分方程式 書影
解析力学と微分方程式

相関電子と軌道自由度

  • ISBN:978-4-320-03542-3
  • 判型/ページ数:A5 / 192ページ
  • 発行年月:2020年03月
  • 本体価格:2,000円

 超伝導,磁性,誘電性,熱現象などの物質が示す興味深い性質の多くは,互いに強く相互作用しあう天文学的な数の電子により引き起こされる。強相関電子と呼ばれるこれらの電子には,小さな磁石としての性質であるス・・・

相関電子と軌道自由度 書影
相関電子と軌道自由度

流体力学―「流れ」を方程式で表すとは― 

  • ISBN:978-4-320-03514-0
  • 判型/ページ数:A5 / 200ページ
  • 発行年月:2020年02月
  • 本体価格:2,000円

 流体力学は流体の運動についての学問であり,私達の日常にある身近なものから,地球規模,あるいは宇宙規模のものまで,様々なスケールの流れ,波,渦の研究に用いられている。流体力学はまた,流体そのものの運動・・・

流体力学 書影
流体力学

米国科学・工学・医学アカデミーによる量子コンピュータの進歩と展望

  • ISBN:978-4-320-12455-4
  • 判型/ページ数:A5 / 304ページ
  • 発行年月:2020年01月
  • 本体価格:3,500円

量子コンピュータの現状と将来を理解するために,歴史的な経緯から始まり,各種の技術を用いた量子コンピュータ構築の試みをハードウェア,ソフトウェア,暗号との関連,さらなる発展の条件,世界的な研究動向の分析・・・

米国科学・工学・医学アカデミーによる量子コンピュータの進歩と展望 書影
米国科学・工学・医学アカデミーによる量子コンピュータの進歩と展望

常微分方程式の解法

  • ISBN:978-4-320-11188-2
  • 判型/ページ数:A5 / 224ページ
  • 発行年月:2020年01月
  • 本体価格:2,500円

 この本は常微分方程式に関する本である。常微分方程式を解く必要に迫られたときにいったい何をどうしたらいいのか,その手続きを解説する。微分方程式とは何なのか,またそれを「解く」とはどんな行為なのかを考え・・・

常微分方程式の解法 書影
常微分方程式の解法

電磁気学とベクトル解析

  • ISBN:978-4-320-11402-9
  • 判型/ページ数:A5 / 316ページ
  • 発行年月:2019年11月
  • 本体価格:3,600円

 電磁気学の重要性は論を俟たない。力学とならんで,物理の根本的な役割を担っていると同時に,エネルギーやエレクトロニクスといった現代社会を支える技術の基盤ともなっている。  本書では,電磁気学において・・・

電磁気学とベクトル解析 書影
電磁気学とベクトル解析

ベクトル解析

  • ISBN:978-4-320-11185-1
  • 判型/ページ数:A5 / 214ページ
  • 発行年月:2019年09月
  • 本体価格:2,500円

 ベクトル解析は,電磁気学,連続体の力学などへ応用するために物理学や工学において重要である。それだけでなく,偏微分方程式の理論,微分幾何学,ポテンシャル論などの数学のほかの分野への橋渡しもしている。 ・・・

ベクトル解析 書影
ベクトル解析

量子解析のための作用素環入門

  • ISBN:978-4-320-11405-0
  • 判型/ページ数:A5 / 304ページ
  • 発行年月:2019年08月
  • 本体価格:4,000円

20世紀初頭,フォン・ノイマンにより,作用素解析の観点から量子力学の数学的構造を記述した画期的な書籍が出版された。 ノイマンはその後,無限自由度系(場の量子論など)の考察のために作用素の代数構造の解・・・

量子解析のための作用素環入門 書影
量子解析のための作用素環入門

固体物性の基礎

  • ISBN:978-4-320-03609-3
  • 判型/ページ数:A5 / 276ページ
  • 発行年月:2019年08月
  • 本体価格:2,900円

本書ではまず,固体物理学を学ぶために必要な,数学,電磁気学,統計物理学,量子力学について説明する。これらの内容は,工学系の大学院であれば,受験準備の一助にもなると思われる。特に数学については,現在の大・・・

固体物性の基礎 書影
固体物性の基礎