アクセスランキング

01位
生態学のための階層モデリング―RとBUGSによる分布・個体数量・種の豊かさの統計解析― 
02位
理論物理に潜む部分多様体幾何―一般相対性理論・ゲージ理論との関わり― 
03位
サーストン万華鏡―人と数学の未来を見つめて― 
04位
Pythonによるバイオインフォマティクス 原著第2版
05位
時系列解析―自己回帰型モデル・状態空間モデル・異常検知― 
  • ニュースメール
  • アフターサービス
  • facebook

検索結果

検索条件 【分類:化学・化学工業】 に該当した商品は【615件】です。

詳細検索

イオン液体

  • ISBN:978-4-320-04478-4
  • 判型/ページ数:B6 / 178ページ
  • 発売予定:2021年03月30日
  • 価格:2,090円(税込)

 イオンだけから構成されているにも関わらず,室温付近で液体状態をとる“イオン液体”が開発され,大きな注目を集めている。イオン液体は,分子性液体(水やアルコールなど分子を構成単位とする)とはまったく異な・・・

イオン液体 書影
イオン液体

化学センサ・バイオセンサ

  • ISBN:978-4-320-04460-9
  • 判型/ページ数:A5 / 230ページ
  • 発売日:2021年02月27日
  • 価格:3,190円(税込)

 化学センサやバイオセンサは,目的物質を測るデバイスであり,環境,医療,食品など様々な分野で利用され,私たちは知らぬ間にセンサのお世話になっている。センサと一括りに呼ばれているにもかかわらず,目的物質・・・

化学センサ・バイオセンサ 書影
化学センサ・バイオセンサ

マイクロ流体分析

  • ISBN:978-4-320-04459-3
  • 判型/ページ数:A5 / 156ページ
  • 発行年月:2020年10月
  • 価格:3,190円(税込)

 マイクロタス(μ-TAS)やラボオンナチップ(Lab on a Chip)などと呼ばれるマイクロ流体分析は,微量サンプルを迅速・簡便・精密に分析する技術として利用されている。既存分析技術の小型化はも・・・

マイクロ流体分析 書影
マイクロ流体分析

赤外・ラマン分光分析

  • ISBN:978-4-320-04458-6
  • 判型/ページ数:A5 / 194ページ
  • 発行年月:2020年09月
  • 価格:3,190円(税込)

赤外・ラマン分光法は,名前は聞いたことがあっても,学部時代に講義や実習で触れることはごくわずかで,結局,何がわかる方法なのかよくわからなかった,という印象をお持ちの方が多いと思う。その結果,研究室や職・・・

赤外・ラマン分光分析 書影
赤外・ラマン分光分析

バイオイメージング

  • ISBN:978-4-320-04457-9
  • 判型/ページ数:A5 / 132ページ
  • 発行年月:2020年03月
  • 価格:2,970円(税込)

 バイオイメージングは,現代の生命科学研究の基盤技術として,多くの研究者が活用する時代となっている。実際,生きた細胞ではたらく生体分子を観たい,顕微鏡でタンパク質の機能を長時間観察したい,高分解能の細・・・

バイオイメージング 書影
バイオイメージング

相関電子と軌道自由度

  • ISBN:978-4-320-03542-3
  • 判型/ページ数:A5 / 192ページ
  • 発行年月:2020年03月
  • 価格:2,200円(税込)

 超伝導,磁性,誘電性,熱現象などの物質が示す興味深い性質の多くは,互いに強く相互作用しあう天文学的な数の電子により引き起こされる。強相関電子と呼ばれるこれらの電子には,小さな磁石としての性質であるス・・・

相関電子と軌道自由度 書影
相関電子と軌道自由度

色素増感―カラーフィルムからペロブスカイト太陽電池まで― 

  • ISBN:978-4-320-04477-7
  • 判型/ページ数:B6 / 142ページ
  • 発行年月:2020年01月
  • 価格:2,090円(税込)

 色素増感は1873年にVogelが写真乾板を用いて発見した現象であり,カラーフィルムにとって必須の技術となった。一方で色素増感は光誘起電子移動という基本的な現象であり,関連する分野を刺激して光触媒,・・・

色素増感 書影
色素増感

生物の発光と化学発光

  • ISBN:978-4-320-04476-0
  • 判型/ページ数:B6 / 160ページ
  • 発行年月:2019年11月
  • 価格:2,090円(税込)

 ホタルや発光クラゲなどの生物が放つ光は古くから広く世界の人々の心を惹きつけてきた。これら発光生物は体内で起こる化学反応により得られるエネルギーを効率よく可視光に変えている。生物の体内で起こる化学発光・・・

生物の発光と化学発光 書影
生物の発光と化学発光

C-H結合活性化反応

  • ISBN:978-4-320-04475-3
  • 判型/ページ数:B6 / 128ページ
  • 発行年月:2019年11月
  • 価格:2,090円(税込)

 有機化合物にありふれた炭素-水素(C-H)結合の切断を利用する有機合成反応の研究が隆盛を極め,「C-H結合活性化反応」という一大研究領域となっている。合成化学者は,温和な条件下,低コストでベンゼンと・・・

C-H結合活性化反応 書影
C-H結合活性化反応

分子配向制御

  • ISBN:978-4-320-04474-6
  • 判型/ページ数:B6 / 152ページ
  • 発行年月:2019年10月
  • 価格:2,090円(税込)

 分子の配向は有機・高分子系材料の諸物性や機能の発現と密接にかかわっている。たとえば,液晶ディスプレイは液晶分子の分子配向変化を利用して画像表示していることから,分子配向が機能と直接関連していることが・・・

分子配向制御 書影
分子配向制御