統計学One Point

編集委員長:鎌倉稔成
編集委員:江口真透、大草孝介、酒折文武、瀬尾 隆、椿 広計、西井龍映、松田安昌、森 裕一、宿久 洋、渡辺美智子

 近年、「ビッグデータ」という用語に代表されるように、統計学の必要性は大幅に向上し、また生産の効率化、人工知能、IoTなどの諸分野において、分析ツールとして統計学を活用する機運も非常に高まっている。
 本シリーズでは、統計学の個々の要素を構成する考え方や手法に焦点を当て、特に注目しておきたい概念や手法、またつまずきやすいと思われるポイントなどに要点を絞り、第一線で活躍している経験豊かな著者が、明快に解説していく。
 データサイエンティストを目指している学部生や大学院生の最初の1冊としてはもとより、生物学、医学、薬学、経済学、心理学などの各分野において統計的分析を行う研究者や、現役のデータサイエンティストにおいて、特定の概念や手法を使いこなすために再度紐解く書としても非常に有用となるであろう。


《続刊テーマ》

MCMC法
ROC解析
アダブース卜
エコロジカルインファランス
クラスタリング法
スポーツアナリティクス
データの可視化
データ同化
テンソル統計解析
ノンパラメトリック法
ビジネスアナリティクス
ベイズ統計
マルチンゲール
ワイブル分布
確率的回答法
極値統計学
金融データの解析
空間自己回帰モデル
項目反応理論
最尤推定
実験計画法
主成分分析と特異値分解
推薦システム
推定法の改良
正規分布
生存時間関数の推定
接合分布関数
線形モデル
線形判別
漸近理論
多変量解析における固有値分布論
点過程
凸解析と最適化アルゴリズム
変化点解析
粒子フィルタ
臨床研究デザイン

分野で探す