共立講座 数学の輝き 全40巻予定

編集委員:新井仁之・小林俊行・斎藤 毅・吉田朋広

共立出版 創立90周年記念出版
『共立講座 数学探検(全18巻)』、『共立講座 数学の魅力(全14巻+別巻1)』、『共立講座 数学の輝き(全40巻予定)』2015年5月 3シリーズ一斉刊行開始!

『共立講座 数学の輝き(全40巻予定)』刊行にあたって
 数学の最前線ではどのような研究が行われているのでしょうか?大学院にはいっても、すぐに最先端の研究をはじめられるわけではありません。この第3部では,第2部の「数学の魅力」で身につけた数学力で、それぞれの専門分野の基礎概念を学んでください。
 一歩一歩読み進めていけばいつのまにか視界が開け、数学の世界の広がりと奥深さに目を奪われることでしょう。
現在活発に研究が進みまだ定番となる教科書がないような分野も多数とりあげ、初学者が無理なく理解できるように基本的な概念や方法を紹介し,最先端の研究へと導きます。

本シリーズの特設ページはこちらをご覧ください。


《続刊テーマ》

(学部4年次・大学院生対象)

● 岩澤理論(尾崎 学)

● 楕円曲線の数論(小林真一)

● ディオファントス問題(平田典子)

● 保型形式と保型表現(池田 保・今野拓也)

● 可換環とスキーム(小林正典)

● 有限単純群(吉荒 聡)

● 代数群(庄司俊明)

● カッツ・ムーディ代数とその表現(山田裕史)

● リー環の表現論とヘッケ環(加藤 周・榎本直也)

● リー群のユニタリ表現論(平井 武)

● 対称空間の幾何学(田中真紀子・田丸博士)

● シンプレクティック幾何入門(高倉 樹)

● グロモフ-ウィッテン不変量と量子コホモロジー(前野俊昭)

● 力学系(林 修平)

● 多変数複素解析(辻 元)

● 反応拡散系の数理(長山雅晴・栄伸一郎)

● 確率論と物理学(香取眞理)

● 機械学習の数理(金森敬文)

● 超離散系(時弘哲治)

以下続刊

※書名などは予告なく変更される場合があります。

分野で探す