現代物理最前線

編:大槻義彦
 
 いよいよ20世紀科学文明から21世紀の科学文明に移る。20世紀の物理学を振り返れば、その進歩・発展は、想像を絶するものがある。原子・素粒子はもとより、クオークからブラックホール、宇宙のはてまで、物理学は解明してきた。そしていま、生命、脳新素材、複雑系の解明まで突き進んでいる。21世紀はどんな科学文明になるのか、考えれば、むしろ恐ろしくさえなってしまう。このような現状にあって、まず何よりも現代物理学の各分野を、十分知っておくことが要求される。わが国の物理学者、研究者、物理教育者は、他の先進国の人びとよりも、物理学の異なる分野にうといと言われる。自分の専門分野には、きわめて高い識見をもっているのに、ほんの少し専門をはずれてしまうと、知識もないし、興味ももたなくなるという傾向にあるとされる。
 このような現状を少しでも改善しようとするものが、前シリーズ『物理学最前線』とか物理科学雑誌『パリティ』である。幸い、前シリーズ『物理学最前線』は好評を得て、31巻まで刊行することができた。
 そこで今回、まったく新しいシリーズとして、『現代物理最前線』を世に送ることにした。前シリーズと比べて、今シリーズは現代物理の生々しい現状の最新情報を満載するものである。

分野で探す