シリーズ・ニューバイオフィジックスII 全10巻

編:日本生物物理学会/シリーズ・ニューバイオフィジックス刊行委員会
刊行委員:曽我部正博(刊行委員長)・桐野 豊・郷 信広・宝谷紘一

生物物理学(バイオフィジックス)は、生命を物理科学的に理解するとともに、その応用を目指す学問であり、その対象は分子・細胞・個体・集団の全域にわたる。分子や膜の構造と機能、細胞情報変換、エネルギー変換、運動機能、形態形成、脳機能などを実験と理論の両面から解明しようとしている。第I期・全11巻に続き、次世代を担う若い世代に、生物物理学の重要性と面白さを分かりやすく伝え、21世紀の生命科学の旗手になってもらいたいという願いを込めて企画された。考え方や研究方法の要点を予備知識なしに読み通せるように工夫するとともに、研究者自身が何が面白くて何を目指しているのかを生き生きと伝えられるよう努力した。

分野で探す