分子科学講座

編:大鹿譲・神戸謙次郎・小谷正雄・志田正二・菅野暁・田中郁三・長倉三郎・中島威・樋口治郎・土方克法・福井謙一・森野米三
本講座は物理学と化学との境界領域に生れた新しい部門としての“分子科学”を総合的に解説したもので,理論的基礎をなす量子力学や原子構造論まで平易に記述するとともに,生体量子化学に至るまで理論・実験の両面にわたり豊富な研究成果を盛り込んである。

分子理論と分子計算

  • ISBN:978-4-320-04202-5
  • 判型/ページ数:A5 / 344ページ
  • 発行年月:1986年09月
  • 本体価格:7,500円

最近脚光を浴びてきた分子の非経験的計算のための分子理論とその代表的な分子計算について解説。

分子理論と分子計算 書影
分子理論と分子計算

化学反応の電子論

  • ISBN:978-4-320-04201-8
  • 判型/ページ数:A5 / 302ページ
  • 発行年月:1986年06月
  • 本体価格:6,800円

分子科学者にとっての重要課題である反応を,微視的構造に基づいて記述し,また今後の期待をになう有機反応の電子理論の現状を紹介。

化学反応の電子論 書影
化学反応の電子論

励起分子の化学

  • ISBN:978-4-320-04208-2
  • 判型/ページ数:A5 / 362ページ
  • 発行年月:1987年05月
  • 本体価格:8,000円

光を吸収して電子的励起状態にある分子を化学的な興味からながめ,励起分子からの諸過程について,たとえば光化学的反応初期過程や励起状態からの光分解の動力学などを解説した。

励起分子の化学 書影
励起分子の化学