計量分析One Point

編集委員:三輪 哲,渡辺美智子
 本シリーズは,"little green books"の愛称で知られる,SAGE社のQuantitative Applications in the Social Sciences(社会科学における計量分析手法とその応用)シリーズから,厳選された書籍の訳書で構成されている。一冊でひとつの手法のみに絞り,各々の分析手法について,実践的な活用事例を参照しつつ,分析手法の目的,それを適用する上でおさえねばならない理論的背景,分析手順,解釈の留意点,発展的活用などについて解説されており,まさに実践のための手引書と呼ぶにふさわしいシリーズといえよう。
 社会科学に限らず,医療看護系やマーケティングなど多くの実務の領域でも,現在のデータサイエンスの潮流のもと,社会科学系の観察データのための分析手法やビッグデータを背景にした欠測値処理や因果分析,実験計画的なモデル分析等々,実践的な分析手法への需要と関心は高まる一方であるが,日本においては,実践向けかつ理解の容易な先端的手法の解説書の提供は,残念ながらいまだ十分とはいえない状況にある。そうしたなかで,本シリーズの刊行はまさに重要な空隙を埋めるものとなると期待している。
 大学や大学院の講義での教科書としても,研究者にとってのハンドブックとしても,実務家にとっての学び直しの教材としても活用できるため,読者自身の関心のある手法を扱っているタイトルを,まずは手に取ってもらいたい。頁をめくるごとに,新たな知識を得たり,抱いていた疑問が氷解したり,実践的な手順を覚えたりと,レベルアップを実感することになるのではないだろうか。

20223発売予定

打ち切り・標本選択・切断データの回帰モデル

  • ISBN:978-4-320-11413-5
  • 判型/ページ数:四六 / 144ページ
  • 発売予定:2022年03月02日
  • 価格:2,420円(税込)

社会科学のデータには、調査設計や事象の性質上、情報に制限のあるものが多く、従属変数として使用する際には、注意が必要になる。本書は、こうした打ち切りバイアス,標本選択バイアス,切断バイアスを含むような制・・・

打ち切り・標本選択・切断データの回帰モデル 書影
打ち切り・標本選択・切断データの回帰モデル

イベント・ヒストリー分析

  • ISBN:978-4-320-11411-1
  • 判型/ページ数:四六 / 208ページ
  • 発行年月:2021年10月
  • 価格:2,420円(税込)

イベント・ヒストリー分析(生存時間解析)は生物学,医学,工学などの自然科学のみならず,経済学や社会学などの社会科学でも広く使われている。本書はイベント・ヒストリー分析の最も代表的な入門書であり,待望の・・・

イベント・ヒストリー分析 書影
イベント・ヒストリー分析

固定効果モデル

  • ISBN:978-4-320-11412-8
  • 判型/ページ数:四六 / 168ページ
  • 発売日:2022年01月27日
  • 価格:2,420円(税込)

 もっとも重要なパネルデータの分析法である固定効果モデルの入門書。調査データでは,独立変数と相関するその他の変数をすべて統制することが事実上不可能であるため,回帰係数の推定に歪みが生じるおそれがある。・・・

固定効果モデル 書影
固定効果モデル

続刊テーマ

移動表の分析

潜在クラス分析

地理空間回帰モデル

潜在成長曲線モデル

アソシエーション分析

傾向スコア