OSシリーズ

編集委員:石田晴久・土居範久
オペレーティング・システム(OS)はメモリ管理やファイル管理などだけを担う時代から,ユーザ・インタフェースやネットワークへの対うを重視する時代に変わりつつある。これは,OSが単にハードとソフトの橋渡し役からより人間工学的・心理学的な要素を取り入れられたものとなり,ユーザ側に立った設計が行われるようになったからであろう。今後のOSには,より使いやすい,よりスピーディな,より多彩なオペレーションが求められ,また提供されていくだろう。
このような情勢にあって,われわれは大型OSからパソコンOSに至る各種OSの原理,特徴,技法を浮彫りすることによって,OSの現在の存在価値と問題点,将来への道程を探ることにした。したがって,本シリーズは,表面に出たオペレーションの話題だけでなく,個々のOSの開発のいきさつや依って成り立った精神・哲学を掘り起こし,その内部構造を克明に解き明かしてゆくことを目的としている。

*3巻,8巻,10巻発行中止

OS概論

  • ISBN:978-4-320-02395-6
  • 判型/ページ数:A5 / 248ページ
  • 発行年月:1988年04月
  • 本体価格:2,800円

OSの様々な機能,その基本概念,原理・技法など基礎的知識をコンピュータ利用者の視点から解説。

OS概論 書影
OS概論

OS雑学

  • ISBN:978-4-320-02396-3
  • 判型/ページ数:A5 / 200ページ
  • 発行年月:1988年08月
  • 本体価格:2,505円

これからOSを勉強する人への道しるべとして,OSの生いたちから現在開発中のOSまでを展望し,OSの開発の中で起きる諸問題を含めて解説。

OS雑学 書影
OS雑学

OS/2

  • ISBN:978-4-320-02399-4
  • 判型/ページ数:A5 / 264ページ
  • 発行年月:1990年01月
  • 本体価格:3,010円

32ビット・パソコン時代に対応するOSとして登場したOS/2の全般・周辺を解説。『bit』誌連載の好評シリーズに加筆修正して単行本化した。

OS/2 書影
OS/2

Macintosh

  • ISBN:978-4-320-02400-7
  • 判型/ページ数:A5 / 184ページ
  • 発行年月:1988年02月
  • 本体価格:2,300円

文房具のような使いやすさを実現している唯一のコンピュータであるMacintoshの秘密,ツールボックスを,開発者の視点から詳しく説明し,その背景にある優れた技術の解説を試みた。

Macintosh 書影
Macintosh

OS-9/68000

  • ISBN:978-4-320-02401-4
  • 判型/ページ数:A5 / 236ページ
  • 発行年月:1989年01月
  • 本体価格:2,670円

コンパクトでフレキシビリティに富んだOS/9について,図や具体的なプログラムを使って解説。

OS-9/68000 書影
OS-9/68000

VM

  • ISBN:978-4-320-02405-2
  • 判型/ページ数:A5 / 234ページ
  • 発行年月:1989年08月
  • 本体価格:2,650円

VM/370は制御プログラムである「CP」と対話型OS「CMS」とで構成されている。本書は,CPとCMSの歴史,開発のねらい,構成・機能を解説。

VM 書影
VM

新しいOS

  • ISBN:978-4-320-02406-9
  • 判型/ページ数:A5 / 208ページ
  • 発行年月:1989年08月
  • 本体価格:2,505円

新しいOSや研究・開発中のOSの中から代表的なものを選び,それらの設計哲学から機能に至るまでを丁寧に解説し,今後のOSの有り方を展望。

新しいOS 書影
新しいOS