サイバーセキュリティ・シリーズ

編集委員:佐々木良一・徳田英幸・松本 勉・溝口文雄・米[ざき]直樹・米澤明憲(代表)
インターネットはすでに社会基盤として定着し活用されているが,水道・ガス・電気などの他のインフラと同様にその利便性の反面,その運用が“何らかの理由”で停止したり,悪用されるようなことがあれば,その被害の度合いは計り知れない甚大なものがある。
本シリーズは,関連する分野の大学生・大学院生・研究者・運用管理者を対象に,その安全性に関する特に重要で興味深いと思われるテーマを取り上げてゆき,各研究対象に先導的役割を担っている執筆陣が,そのメカニズムや解決に必要な技術詳細などをわかりやすく解説している。

XMLとWebサービスのセキュリティ―XMLデジタル署名と暗号化― 

  • ISBN:978-4-320-12108-9
  • 判型/ページ数:A5 / 188ページ
  • 発行年月:2004年06月
  • 本体価格:3,000円

最近注目を浴びているXMLとWebサービスのセキュリティについて,次々といろいろな標準が制定されつつある。本書はそれらがどのようなものか,なぜ必要なのか,今後はどうなっていくのかについて詳しく解説して・・・

XMLとWebサービスのセキュリティ 書影
XMLとWebサービスのセキュリティ

有害プログラム―その分類・メカニズム・対策― 

  • ISBN:978-4-320-12109-6
  • 判型/ページ数:A5 / 192ページ
  • 発行年月:2004年07月
  • 本体価格:3,000円

本書は,昨今のマスコミを騒がせている「コンピュータウイルス」を総称して「有害プログラム」と呼び,コンピュータウイルス,ワーム,トロイの木馬などをそれぞれ独自のものと考える。これは,それぞれの対処方法を・・・

有害プログラム 書影
有害プログラム